回復のための鍵-最新医療から伝統的な治療まで-

Surgery

辛い痛みはこう治す

辛い痛み

腰の痛みや歯の痛み、いろんな痛みがあります。腰が痛いと歩く時やスポーツをするときに影響し、歯の痛みは続くと頭痛にも発展します。そして胃は第二の脳ともいわれているので、そこが痛いと何も考えられなくなります。下痢や便秘が生じることもあるので、辛さは倍増してしまいます。
ストレス性胃腸炎という病気がありますが、精神的なプレッシャーが胃腸に影響する病気です。ストレス社会といわれているこの社会では、ストレスで胃腸炎にかかってしまう人が多く存在しています。胃腸はデリケートな部分なので、すぐに精神的ストレスの影響が出てしまうのです。
胃腸炎以外にも、精神的な影響が出てしまうことはあり、逆流性食道炎や過敏性胃腸炎で下痢になってしまう人もいます。

改善する方法

改善する方法としてはいくつか方法があります。検査をして病変がないのだとすれば、ストレス性胃腸炎を疑います。その後に治療ということになるのですが、まずは食生活を整えることが大切です。その上でストレス性胃腸炎を治すための薬を服用することになります。
胃腸の薬にはいろいろありますが、生薬も使うことができます。生薬で治療に役立つものとして桂皮や丁子、茴香などがあります。桂皮は整腸作用がある生薬として知られています。また、丁子は腸を温めてくれる作用があります。痛みが大きくなる時はとても辛いものですが、茴香には鎮痛作用がありますので痛みの軽減に役立ちます。

▲ PAGE TOP