回復のための鍵-最新医療から伝統的な治療まで-

Surgery

主ながん治療

2人に1人がガンにかかると言われています。

ガンは身近でとても怖い病気ですが、早期発見・早期治療ができれば完治出来る病気でもありますので、健康診断やガン検診を定期的に受け、普段から自分自身でもセルフチェックを行うことが重要です。 ガンにかかってしまった場合、ガンの部位や進行状況、患者の体力などによって治療方法を選択していくことになります。 主ながん治療の方法は外科療法(手術)、放射線治療、抗がん剤治療、ホルモン療法になります。 それぞれの治療法を単独で行う場合もあれば、治療を併用し組み合わせて治療を行うこともあります。 それでは、それぞれの治療方法について説明していきます。 まず外科療法は、がん治療で1番最初に選択されるべき治療法と言われており、切除可能であれば積極的に行われます。

ガンに侵されている細胞を切除することでガンは治ります。

したがって外科療法は転移が見られない場合大変有効な治療法です。 続いて放射線によるがん治療は、早期の場合は外科療法と遜色のない治療効果が期待できます。 そして放射線は体に傷が残ることもなく入院することがないので通院で治療ができます。 抗がん剤治療は、局所的な治療ではなく広範囲のがん治療が出来るので、転移が認められる治療に効果的です。ほとんどの場合、外科療法や放射線療法と併用して治療を行うことになります。 最後にホルモン療法ですが、乳がんや子宮がん、前立腺がん、甲状腺がんなどのホルモンが関係しているガンの治療法になります。 ホルモン療法でホルモンの分泌をコントロールすることで、腫瘍を小さくしたり転移や再発の防止に効果を発揮します。

▲ PAGE TOP