回復のための鍵-最新医療から伝統的な治療まで-

Surgery

お尻の症状には

おしりのトラブル対処法について

 痔などのおしりのトラブルをかかえた多くの人が、恥ずかしさや痛みへの恐怖から病院に行くことを敬遠しています。しかし、痔を放っておくとどんどん症状が悪化して取り返しのつかない事態になりかねませんので、症状が軽いうちから肛門科の病院を探して受診することが大切です。  肛門科の病院を探す際は、インターネット検索を利用するほか、家族や友人、同僚など周囲の人の話を聞いたりして、できるだけ多くの情報を集めるようにしましょう。そして、実際に肛門科の病院を受診した時は、疑問点や不安な点をありのまま医師に伝えて、納得がいくまで説明を受けます。一度受診した病院でも、医師の話し方や対応などに気になるところがあれば、遠慮せず他の病院を受診してみることをおすすめします。

最近の肛門科の取り組みについて

 痔に悩む人の数は男女問わず多く、特に女性は妊娠や出産を機に痔を発症する人が多いので、最近の肛門科の病院では女性でも気軽に受診できるようなさまざまな取り組みがなされています。  たとえば、女性医師による女性専用外来が設けられていたり、受診の際にできるだけ恥ずかしくないように、診察の仕方を工夫しているところなど、恥ずかしさや不安を最大限に取り除くさまざまな試みがなされている病院が多くありますので、受診に抵抗を感じている人はこうした病院を探して訪れてみると良いでしょう。  症状が進行した痔は自然に治るということがありませんので、日頃からおしりに痛みを感じている人や、排便の際に頻繁に出血する症状が見られる人は早めに肛門科の病院を受診するようにしましょう。

▲ PAGE TOP