回復のための鍵-最新医療から伝統的な治療まで-

Surgery

大腸から発生する

潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜に腫瘍や炎症・出血が発生する病気です。発症に性別差は見られず、また発症のピークは20歳代ですが全年齢層で見られます。はっきりした原因はわかっていませんが、患者の近親者にも発症例が多いことから、遺伝的な要因があると見られており、それに食物のアレルギーといった免疫システムの異常や細菌感染などの複数の要因が重なって発症すると考えられています。潰瘍性大腸炎の症状は、下痢や腹痛が起き、悪化すると血便が続くようになります。また症状が強くなったり、治まったりを繰り返す傾向があります。炎症は直腸から始まり大腸全体へと広がっていきますが、直腸だけで炎症が止まったり、大腸全体へ広がったりと個人差が大きいです。

潰瘍性大腸炎と診断された場合は、薬の投与による治療が行われます。炎症を抑えるためにステロイド剤などが使われます。ステロイド剤で効果が不十分な場合は、過剰な免疫システムを鎮静化させるための免疫調整剤や血液成分除去療法が行われます。多くの症例では薬の投与など内科的治療法で改善しますが、重症化してしまった場合や副作用で薬が使えない場合、更にはほかの病気を併発する合併症の疑いがある場合などは、大腸を摘出する外科療法がとられます。潰瘍性大腸炎は、多くの場合治療で完治させることができますが、再発の可能性があり、継続的な検査が必要です。再発を防ぐためにも、ストレスを貯めないようにし、アルコールなどの刺激物は控えるようにするなどの心がけが重要となります。

▲ PAGE TOP